今夏のJリーグ移籍市場の深層をベテラン代理人が明かす(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

練習の姿から見える山中亮輔のキャラクターとは?


(Report by 河合貴子)

ライバル宇賀神友弥の存在に「すごく勉強になる」と意識

「今日が、マジで一番キツかった」と沖縄一次キャンプの4日目午前練習を終えて苦笑いしたのは、山中亮輔選手であった。

キャンプ初日のポゼッションゲーム、2日目の攻守のコンビネーションを主体としたミニゲーム、3日目のマンツーマンのポゼッションゲームと激しい動きが要求される中、息を切らしながらも100%を出し切り、ゲーム形式の練習が終了するとピッチに倒れ込むように座り込む山中選手の姿があった。

沖縄一次キャンプのやっと折り返し地点だが、2部練習が続き疲労がピークに来ている。4日目の午前練習は、特にサイドの選手たちは過酷なものであった。

自陣の深い位置からトライアングルでスペースへと全速力で走り込み、オーバラップをしてワンツーから正確なクロスをいれる。更にサイドのバイタルエリアから自陣のDFラインまでスプリントしなければならない。ハードなスプリントの上下運動にグロッキー気味であった。スプリント回数は、7分×6本のセットの中で55回にも及んでいたのだ。

(残り 929文字/全文: 1392文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック