「残留請負人」前讃岐監督・北野誠が語るJ2監督論。魔境を生き抜く極意とは?(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

キャンプ初の紅白戦実施 杉本の落としに興梠が強烈ミドルを決める


(Report by 轡田哲朗)

11人同士のフルコート、今季に入って初めて

浦和レッズは2月5日に沖縄県での2次トレーニングキャンプ5日目を迎えた。8日間の日程で後半戦に入ったこの日は、午前中がビーチでのフィジカルトレーニング。そして、午後はついにフルコートでの紅白戦が行われた。ピッチを縮めることもせず、セットプレーにも制限を掛けず、という完全なゲームは1次キャンプから通算しても初めてだった。

一通りのウォーミングアップとプレスの意識を高めるポゼッションゲームを終えると、選手たちは11人×2チームが選抜された。基本的にはビブスなしの水色チームが昨季からのベースになるチームなので、現時点で公式戦に近いと言えるだろう。フィジカル強化に時間をかけてきたからこそ、シーズン序盤に大掛かりな新戦力の登用を含めた変化は起こせないという判断もあるのかもしれない。

(残り 1583文字/全文: 1957文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック