ザ・J2クラブの水戸が首位。2000年に取材した「水戸vs浦和」から思うこと(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

武藤雄樹が強くボールを蹴り始めて「良い方向に向かっている」復帰の目標は?


(Report by 河合貴子)

ペトロヴィッチ監督率いる札幌戦、出場を目指す

「昨日よりも今日の方が強くボールを蹴った。ドリブルも長い距離でマーカーなど障害物を避けながらすごく良くなっているというか、良い方向に向かっている」とうれしそうに話したのは、右足首を捻挫してリハビリ中の武藤雄樹選手であった。

天皇杯の決勝で無理した右足が、長期の戦線離脱になってしまったのだ。沖縄キャンプでもずっとリハビリメニューが続いた。

(残り 1264文字/全文: 1468文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック