【サッカー人気1位】【J1騒乱】[熱論]優勝カウントダウン…

浦レポ by 浦和フットボール通信

後半ガス欠で敗戦もこれからに繋がる多くのポイントがあった【河合貴子 試合のポイント/なでしこリーグ第3節ベレーザ戦】


(Report by 河合貴子)

積極的に仕掛けて先制点を奪う

森栄次新監督の下でかなりアグレッシブに変貌した浦和レッズレディースは、開幕戦のAC長野戦を2-1でおさめた勝利を弾みに、日体大に5-1で快勝。2連勝と好調なスタートを切った。だが問題なのは技術もチームの熟成度も高い女王と称される日テレ・ベレーザにどこまで通用することができるかだ。

花曇りとなった3月31日、日テレを浦和・駒場スタジアムに迎えた。だが、女王と言っても日テレは、前節はアウェイで伊賀くノ一に苦戦して痛恨のスコアレスドローを喫していた。恐れるものは何もない。

浦和は試合開始早々、前線から激しくプレスを掛けて日テレ陣内へと押し込んでいったのだ。攻守の切り替えも早く、ボールを失ってもすぐにファーストディフェンスを行い、日テレの攻撃を遅らせると、そこにサポートがやってきて2人、3人で囲みボールを奪い取る。前半に日テレが放ったシュートはたったの1本だけに押さえ込むほど、主導権を握っていた。

(残り 1753文字/全文: 2179文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ