【サッカーパック人気1位】 【J1第31節分析レポート② 横浜FM4-2札幌】結実したポステコグル…

浦レポ by 浦和フットボール通信

汰木康也が宇賀神友弥と1対1の対決


(Report by 河合貴子)

駆け引きのうまい宇賀神を相手に

汰木康也選手の武器とはいえば、しなやかなインステップで緩急をつけながらゴールに向かうドリブルである。緩急のリズムも独特で、一瞬の切れでスピードアップをして相手を置き去りにすることができる。それは、浦和デビューとなったACLブリーラム・ユナイテッド戦で実証している。

横浜FM戦の前日、非公開練習が終了しサイドからのコンビネーションの崩しからのシュート練習が行われた。左サイドからのドリブル突破は、やはり汰木選手らしい見応えのあるものであった。だが、レギュラーのポジションを奪うには、武器となるドリブルだけでは厳しい。J1やアジアの舞台で通じる守備力も身につけないといけない。サイドからの崩しの練習中に、サイドで1対1の攻防も織り込まれていた。

(残り 607文字/全文: 956文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック