【サッカーパック人気2位】 多くのメディアの「松尾一主審が自分では決められない。 運営が決めると言…

浦レポ by 浦和フットボール通信

「ただただ、悔しかった」と語った荻原拓也が悔し涙から一夜明け、TMで魅せる


(Report by 河合貴子)

名古屋戦終了後によぎった様々な思いとは

コンディション差はあったとしても、それを言い訳にしたくない完敗であった名古屋戦。2点のビハインドを跳ね返すために59分、荻原拓也選手はピッチへと送り込まれた。しかし、奮闘するも0-2で敗戦。名古屋まで駆けつけてくれた浦和を愛する人々を目にしたとき、勝利を届けることができずに思わず涙がこぼれた。

「ただただ、悔しかった」と荻原選手は、下を向いた。

(残り 1092文字/全文: 1297文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック