【サッカーパック人気1位】 残留争い直接対決、鹿児島との大一番。チームが一つになった愚直な姿勢なく…

浦レポ by 浦和フットボール通信

4本連続シュートが決まらないと終わらない?!居残りシュート練習の結末は?【こぼれ話】


(Report by 河合貴子)

緊張感ある居残りシュート練習に

いつもは多くの選手たちが参加する居残りシュート練習だが、ACLグループステージ突破を掛けた大一番の北京戦前日の居残りシュート練習は雰囲気が違っていた。

後方から槙野智章選手が早くて弾道が低い鋭いボールを両サイドへと送り、左サイドからは宇賀神友弥選手、右サイドからは茂木力也選手がクロスを入れ、そこに武藤雄樹選手と山田直輝選手が1人ずつ飛び込んでシュートを放っていたのだ。

(残り 721文字/全文: 934文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック