【サッカー人気2位】相馬監督の絶妙なトッピング術。「強度マ…

浦レポ by 浦和フットボール通信

橋岡大樹がU-20W杯で闘えない悔しさを抱えながら思っていることとは


(Report by 河合貴子)

来月復帰を目指す

神戸戦で無念の負傷交代を余儀なくされた橋岡大樹選手。ハムストリングの肉離れで、戦線離脱したのは4月20日のことであった。あれから1カ月以上経った。そろそろ部分合流しても良さそうな時期にきている。

「ちょっとずつ(フィジカルを)上げている感じ。6月ぐらいには、復帰できれば良い。自分的には、まだ練習を全体に入ってやるのは怖いかな」と寂しそうに話した。

(残り 639文字/全文: 834文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ