【サッカー人気1位】世界一から10年、女子サッカーの今を考…

浦レポ by 浦和フットボール通信

興梠慎三「明日は勝つ自信がある」 公式記者会見で、両チームがR16突破にかける思いを語る


(Report by 河合貴子)

敵地でのセカンドレグでの逆転を狙う

ACLラウンド16ファーストレグを1-2で蔚山に敗戦を喫した浦和が、次のラウンドに進むためにはアウェイの蔚山の地で3点以上の得点で勝利するか2-1で延長戦、PK戦を制するかだ。決死の覚悟でセカンドレグを闘いACLラウンド16突破を決めたい。

試合前日公式記者会見は、試合会場となるスタジアムで行われるのが恒例となっていたが、今回は蔚山市内のホテルが会場となった。先に記者会見を行った浦和からは、大槻監督と興梠慎三選手が浦和を代表して挑んだ。

険しい非常をして記者会見に臨んだ大槻監督は「1週間前のゲームがあって、その結果を持ってきました。明日の試合が終わった後に次のラウンドに進めたと言えるように、良いゲームをしたいと思います」と話し、蔚山の印象を「グループステージから非常に硬い守備で失点が少ない。スピードがあってカウンターが鋭い。人数を掛けた強固な守備がある。そこに挑んでいきたい」と話した。

(残り 1384文字/全文: 1811文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック