【サッカーパック人気5位】 【J1第31節分析レポート① 鹿島0-2川崎】鹿島のお株を奪う勝ち方。…

浦レポ by 浦和フットボール通信

汰木康也が同じドリブラー関根貴大との共存を目指して、この夏に掛ける思いとは


(Report by 河合貴子)

関根選手を参考にする部分

「キツいっす~」と息をハァハァとさせながら座り込んだ汰木康也選手。その苦しそうな表情は、猛暑の中でも決して妥協することなく全力で練習に取り組んで居た証しであった。

「夏は毎年そうだけど、個人もチームも成長できる大事な時期だと思っている。」と気合いを入れていた。

少し動いただけでも、汗が噴き出す。だが、身体を酷使した分しっかりとケアし、超回復することができればフィジカルは上がる。フィジカルが上がれば、身体の切れも良くなりスキルアップになる。流した汗の分だけ、選手として成長しているといえるだろう。この酷暑の中で目的意識を持ちしっかりと身体を動かすことが、ゆくゆくは自分のためになりチームの底上げに繋がると汰木選手は考えていたようだ。

(残り 876文字/全文: 1217文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック