都並敏史、11年ぶりの監督復帰。その先に見据えるJへの旅路(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

杉本健勇が見せた自信家の一面 武藤雄樹、興梠慎三とのゲームで勝ったのは?【こぼれ話】


(Report by 河合貴子)

初挑戦の杉本健勇

肌にまとわりつくような蒸し暑さを感じるが、一時の猛暑に比べたら過ごしやすい1日となった。居残り練習も終わり、なぜか杉本健勇選手がうれしそうに走って戻ってきた。

よく見たら、武藤雄樹選手と興梠慎三選手と誰がタッチライン際まで一番近くボールを寄せることができるのか勝負をしていたのだ。蹴った感触も良く相当自信があった杉本選手だが、このゲームをやり慣れている武藤選手と興梠選手が相手だ。初挑戦の杉本選手にとっては、厳しい闘いである。

(残り 432文字/全文: 666文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック