【サッカー人気2位】Jクラブの選手・関係者が相次いでコロナ…

浦レポ by 浦和フットボール通信

伊藤涼太郎が大槻監督に直訴していたこととは?


(Report by 河合貴子)

FWが一番自分のプレーが活きる

伊藤涼太郎選手は、公式戦に出場したくてギラギラしていた。「ウズウズしているっていうか、早く試合に出たい気持ちが強い!」と俺を使ってくれと言わんばかりであった。

そして「ユース相手の練習試合だったけど、ポジショニングとか2トップの関係、サイドの人がボールを持ったときの動きを意識してできた」と笑顔をみせ「自分としては、トップの方が今はシックリときている。トップのポジションでうまくやっていけたら良いと思っている。自分のストロングポイントは、よりゴールに近いとこでボールを持ったときだ。このチームでのサッカーでいえば、FWが一番自分のプレーが活きると思った。自分で言いに行きました」と話した。

(残り 830文字/全文: 1152文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック