浦レポ by 浦和フットボール通信

立花代表が多大なる支援に感謝の意「浦和レッズがいかに幸せなクラブかということを認識」

(Report by 河合貴子)

サポーターの多大なる支援に感謝を示す

新型コロナウイルスの影響により今シーズンの経営計画の見直しを図った浦和レッズは、約20億円の減収となり10億円の赤字が予想され経営の危機に追い込まれる厳しい現状に直面している。シーズンチケットの払戻金の寄付を初め、オンラインでのグッズ販売や練習試合での投げ銭システムなど様々な取り組みで、何とか厳しい状況下を打開しようとしている。

ZOOM取材に対応した立花代表は「『浦和の経営がこんなに厳しいのか』と認識された多くのチケットホルダーの方が、大きなご支援やお声がけをして頂いている。本当にクラブを代表して感謝を申し上げたい」と深々と頭を下げた。

そして「浦和レッズの存続に向けて色々なことをやる中で、これほどまでに浦和レッズのファン・サポーターの方がレッズをご支援頂いている。感謝の気持ちを示すことが、私の使命だと思っている。浦和レッズとして1つのキーワード『ONE HEART TOGETHER!』の下で1つになって闘っていきたい。「皆さん、心を1つにしていきましょう」といろんな取り組みを開始し、これからも続けていく」と話した。

(残り 1184文字/全文: 1678文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ