【サッカー人気4位】Jクラブはそろそろどれくらい大変なのか…

浦レポ by 浦和フットボール通信

槙野智章が苦しい展開での勝利に「自分たちの成長が感じられる」と感じた理由は【河合貴子 試合のポイント/J第16節札幌戦】

(Report by 河合貴子)

札幌との撃ち合いを制す

一雨ごとに秋の気配が近づいてきたとはいえ、残暑厳しい中で迎えた3連戦のラストゲームの札幌戦は、本当によく堪えて堪えて激戦の末に4-3で逆転勝利を収めた。

「やられる前に、やりましょう」という金曜日のZOOMでの定例会見での大槻監督の言葉どおり、試合は立ち上がりから浦和が主導権を握っていった。対する札幌も得意なサイドの揺さぶりからCKでチャンスを作り、浦和ゴールを脅かした。

先制したのは浦和だ。11分にインナーラップしていた岩武克弥選手が、エリア内の興梠慎三選手へと浮き球を送り、その落としを武藤雄樹選手がシュートを放つも相手DFにブロックされてしまった。だが、そのこぼれ球を拾った関根貴大選手が、勢いよくドリブルでエリア内へと進入すると、思わずチャナティップ選手が後ろから倒してしまいPKを獲得。13分、キッカーを任された杉本健勇選手が、菅野選手の逆を突きしっかりとゴールを決めたのだ。

(残り 2128文字/全文: 2546文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック