【サッカー人気2位】【西部謙司の移籍通信簿】川崎F&ガンバ…

浦レポ by 浦和フットボール通信

「噛み合わない」ことは悪さをしない その状況を利用できたかどうか【轡田哲朗レッズレビュー/J25節大分戦】

(Report by 轡田哲朗)

噛み合わない=自然にマッチアップしない、ということ

浦和レッズは10月31日のリーグ第25節(26試合目)のアウェーゲーム、大分トリニータ戦を0-0で引き分けた。どっちのチームにも全くゴールチャンスがなかったとは言わないものの、例えばそのシュートの瞬間にドーンと相手を押して倒したらPKとレッドカード、みたいなレベルのチャンスはなかったように思える。そうした意味では、多くても両チーム合計2得点までの試合だっただろうし、スコアレスドローもまた内容に対してまずまず公平な結果だったと言えるだろう。

それで、スタメンは前節からの継続ということになった。3日のサンフレッチェ広島戦にどのようなメンバーを配置するかは別の問題として、プレビューの時点でも記したような「勝っているチームは変えない」の原則に沿ったものだったと言えるだろう。ベンチメンバーに関しても変化はなかった。

この見た目からも明らかなように、両チームのシステムは噛み合わない。システムの話がものすごく好きな人は、この噛み合う、噛み合わないみたいな話で1日でも話せるのだけど、ここでは大雑把なところとして「自然とマッチアップがハッキリしやすい構図が生まれない」ということだけイメージしてもらえればいいと思う。

相手のブロックの外側まで下がりすぎたボランチ

(残り 2858文字/全文: 3423文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック