【サッカー人気4位】タイプとしては似たものを持つ相手 2列…

浦レポ by 浦和フットボール通信

藤原優大が持っているサッカー選手として大事な要素とは

(Report by 河合貴子)

青森山田から鳴り物入りで加入

「目標としていたプロサッカー選手という夢をこの浦和レッズでスタートできることが何よりも幸せです」とユニフォーム姿で声を弾ませた藤原優大選手。他クラブからも声が掛かり、浦和と他クラブの2チームに絞って迷っていた時に、青森山田高校の先輩である武田英寿選手から「自分に行きたい方にすれば良い」と背中を押してもらって、自分自身の心と向き合い浦和でプロサッカー選手としてスタートを切ることに決めた。

高校選手権では惜しくも青森山田高校は準優勝であったが、藤原選手は180㎝の長身を生かし空中戦の強さをみせつけるだけでなく、後方からの攻撃の組み立ても高校生ながら抜きに出るものがあった。当然、藤原選手本人も自信を持って浦和へと加入してきた。だが、高校生ルーキーにとってプロの壁は厚かった。

「一気にレベルの高い環境になった」と戸惑いを隠しきれない。

(残り 1490文字/全文: 1884文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック