【サッカー人気4位】【J2箱推し宣言!】元悦放談:魔境J2…

浦レポ by 浦和フットボール通信

リカルド・ロドリゲス監督「細かい部分が物を言う試合になると思っていた」【徳島戦試合後 両監督コメント】

リカルド・ロドリゲス監督

前半は武田の負傷によってチームに混乱が生まれてしまった。その理由はシステムの変更することであったり、前半終了ぐらいまではうまくいかないまま時間が流れていきましたが、最後の時間帯にはバーに当てるシーンなどチャンスも作れていました。前半の内容は相手の方が上回っていたと思います。

後半に関しては、そこの修正をして、前からのプレスもはまるようになりましたし、ボールを持つことも出来るようになったと思います。ゴールを入ってからは守る時間になりましたが、守る時間でしっかり相手のクロスの対応であったり、固い守備も出来たと思います。この試合は、細かい部分が物を言う試合になると思っていたので、そこが出来て徳島に対してしっかりと勝つことが出来たと思います。彼らも良いゲームをしたと思います。

(残り 1001文字/全文: 1350文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ