【サッカー人気3位】これが3週間の中断期間の成果?/J1 …

浦レポ by 浦和フットボール通信

西川周作「浦和レッズとして、アジアに行ってもう一回勝負したいという気持ちが強い」【天皇杯富山戦 試合後選手コメント】

西川周作 選手

ー一発勝負の戦いでシャットアウトで次のステージに進むことができた

天皇杯は一発勝負ということで、過去に僕たちも痛い目にあっているので、その経験もふまえて経験がある選手がしっかりと締めることで、この勝利を引き寄せられたかなと手応えと、チームもリカがやろうとしていることが継続的に出来ていると思いますし、誰が出ても結果を残していくということで、チーム内でも競い合いが激しくなってきていますので、その緊張感もふまえて、今日はしっかりみんなで戦えたんじゃないかと思います。

ートーナメントでは優位に試合を進めているチームが点を取れないとそういう時間が続いた中で、一発でやられるということもあるが、どんなことを考えながら守っていたか

球際の強度の所を絶対に落としてはいけないと。一発勝負ではそういう所で流れが変わってしまうので、相手がどこであろうと、球際、切り替え、セカンドボールの所は続けてやっていかないといけないだったので、そこの役割みたいな所は槙野選手が入って、しっかりと声を出してくれて、チーム内で行けない選手がいればカツを入れてくれる。そういった選手が入ったことで、試合も締まったんじゃないかなと思います。

(残り 428文字/全文: 934文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ