【サッカー人気5位】河田篤秀/巻き返しの救世主へーー。実績…

浦レポ by 浦和フットボール通信

常に成長への貪欲さをみせる小泉佳穂が見るチームの現在地は?

(Report by 河合貴子)

トップ下から縦横無尽に走り続けリンクマンの役割を見事にこなす小泉佳穂選手。左右の足を器用に使いながら、守備でも攻撃でも存在感をみせつけている。ポジショニングも見事だ。

「ポジショニングだったり、首を振って周りを見ることは意識している。具体的にいうと、敵にマークをつかれない。よく『浮く』とか言うけど、浮いたポジショニングで敵にマークをつかれない中間点を取ること。ポジショニングのところで敵に対して、自分がどう優位に立てるか。自分が数的優位を意識して、どこで人数が多いのかを意識してプレーしている。数ではなく立ち位置で優位だったら、どういうことで優位に立っているのかを意識してやっている」と、常に頭をフル回転させているからこそ、リンクマンとしての重要な役割を果たすことができるのだ。

キャスパー・ユンカー選手からは「自分の近くのスペースでボールを受けてくれ」とすごく言われるそうだ。だが、試合の流れもあるので実際はすごく難しい。小泉選手は「ユンカー選手は、純粋なゴールゲッター。逆にいうとポストプレーやボールを受けるところをあまり得意としていないと思う。その分、自分はボールを受けることができるし、運動量多くボールを引き出すことができる。そこのバランスを取ることを意識している」と話した。ユンカー選手の周囲を衛星的に動き、良い距離感を保ちながらプレーがシンクロしてきている。

(残り 1869文字/全文: 2467文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ