【サッカー人気5位】【J激論】天皇杯で”惨敗”相次ぐ。風雲…

浦レポ by 浦和フットボール通信

リカルド監督「負けてはいないが、勝ってもいないという現実を受け止めて、これに満足することなく進んでいきたい」【鹿島戦後 監督コメント】

リカルド・ロドリゲス監督

―試合の総括について
前半は簡単に先制点を許してしまった。あってはならない簡単な失点を許してしまったと思います。ただ、前半の最後にPKで点を獲ることができて、同点にすることができて、後半に修正が効くような、立て直せるような勢いをもたらせられたと思います。ハーフタイムの時にいくつか修正をして、前半で改善すべき所を修正して、後半は前半のプレーよりも良かったかと思います。後半に関しては鹿島も、我々も両方点が入ってもおかしくない、試合としてはどちらが勝ってもおかしくない展開になりました。後半の最後には我々に惜しい場面があったので、それが決めきれていればと思いますが、スタートの選手も良かったですし、途中から入った選手がこれからの試合にとってもキーになる、重要な選手達になると思いますが、そういった途中から入った選手が活躍してくれたのは良かったと思います。

―スタートで岩尾選手を真ん中においた3バックのような形だったかと思うが、スーパーカップの川崎戦でやったようなシステムに見えたが狙いを教えてください。

(残り 1038文字/全文: 1499文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ