浦レポ by 浦和フットボール通信

ユンカーが語った怪我の状況と、新加入FWリンセンへの想いは?

(Report by 河合貴子)

神戸戦で試合開始早々に負傷交代

浦和を代表してYBCルヴァンカップ・プライムステージのオープンドローに参加したキャスパー・ユンカー選手。6月26日にアウェイ神戸戦で、約1ヶ月ぶり(5月25日 アウェイC大阪戦)にスタメンに名を連ね試合出場を果たしたが、思わぬ事態になってしまった。試合開始直後の10秒、前線から激しくプレスを掛けてペナルティーエリアでボールを奪い素早く放ったシュートは左ポスト直撃する気迫あふれるプレーを見せたが、5分にユンカー選手がピッチに座り込み、その2分後に松尾佑介選手と負傷交代となってしまったのだ。昨シーズンから、ずっと抱えていた右足付け根の負傷だ。無念さだけを残してピッチをあとにした。

(残り 543文字/全文: 862文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ