【サッカーパック人気5位】 【Jクラブ戦術フォーカス】ヴィッセル神戸、鹿島アントラーズ、横浜F・マ…

ベトナムフットボールダイジェスト+

ベトナム人実業家、ボスニア1部FKサラエヴォのオーナーに就任へ

ボスニア・ヘルツェゴビナの地元メディアの報道によると、ベルジャヤ・ベトナムのチャン・ホアイ・ナム社長およびベトナムサッカー選手才能開発投資ファンド(PROMOTION FUND VIETNAMESE FOOTBALL TALENTS、略称PVF)の両者が、マレーシアの大富豪で、同国コングロマリットのベルジャヤグループの創業者であるヴィンセント・タン氏から、ボスニア・ヘルツェゴビナ1部FKサラエヴォの株式60%を取得した。これにより、チャン・ホアイ・ナム社長が欧州の名門クラブの実質的オーナーに就任することになる。ナム氏は以前からFKサラエヴォの取締役を務めていた。

(残り 444文字/全文: 724文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック