松沢呉一のビバノン・ライフ

オーストラリアと何が違うかを考え続けたい—スカーレットロード[追加 3]- (松沢呉一) -2,817文字-

日本での実現性を考える—スカーレットロード[追加 2]」の続きです。

 

 

 

いるとしても極わずか

 

vivanon_sentence前回見たように、オーストラリアと日本ではアクティビストの数がまったく違います。

映画を作るとしたら、「アクティビスト」という条件は外して主人公を探すしかない。「障害のある客」も条件をゆるめて、ただの客とします。「セックスワーカーとその客、友人」だったら、なんとかドキュメンタリーに出てくれそうな人がいそう。

ストリッパーの場合はおっかけの客がいますが、AVの場合は直接接する客がいないので、男優としておきましょう。AV女優やストリッパーは顔を出してナンボの仕事ですから、自身は出られるのが多い。同僚や友だちまではいるでしょう。

また、女王様だったらオープンな人が多く、客にも一緒にイベントに出ているケースや客とともにAVに出ているケースがありますし、友だちも出るのはいるでしょう。なんだったら、友だちとして私が出てもいいし。

女王様の場合、家族も恋人も知っているのは1割か2割はいそうですが、いくら知っていても、ドキュメンタリーに出るとなると話は別。とくに家族は相当に難しい。「お兄ちゃんは知っているけど、“俺の妹だってバレないようにやってくれ”と言われている」「母は知っているけど、“おとうさんには言っちゃダメ”と口止めされている」みたいなケースもよくあって、ドキュメンタリーに家族まで出ると、すべてを公開することになります。親戚一同にも隣近所にも職場にも。

また、恋人も厳しいんじゃなかろうか。女王様の中には彼氏がいることも公開しているのがいますけど、彼氏の方がたいていは出ない。まして結婚しているのに公開していない人や彼氏がいても「彼氏はいません」なんて言っていたりする人は、その段階で厳しい。

それでも全国くまなく探せば数名はいるかもしれないけれど、現役のセックスワーカーで「親、客、恋人、友だち」のすべてをクリアできるのはゼロかもしれない。

元セックスワーカーまで入れれば、川奈まり子さんのように、夫や子どもが過去の仕事を知っているのはいますし、親も知っているでしょう。なおかつ彼女はアクティビストと言ってもいい。相当に珍しい存在ですが、そのことを知っているとしても、家族がドキュメンタリーに出るかどうかはまた別の話。

※「セックスワーカーのためのアドボケーター講座・大阪編」にて

 

 

 

ゲイでも同じ

 

vivanon_sentenceゲイの知人たちとも「スカーレットロード」のような映画は可能かという話になって、セックスワーカーという条件を外して、「アクティビストのゲイで、恋人、知人まで出演するのはいるとして、親となるとほとんどいない」という話になりました。

 

 

next_vivanon

(残り 1763文字/全文: 2923文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ