松沢呉一のビバノン・ライフ

トランスジェンダーのセックスワーカーが次々と殺害される—ポストコロナのプロテスト[30]-(松沢呉一)

シリーズとしては「血まみれにされた#ENDSARS—ポスト・コロナのプロテスト[29]」の続きですが、内容は「メキシコのセックスワーカーが直面している危機は何億もの人が直面している危機—ポストコロナのプロテスト[28]」の続きです。

 

 

トランスジェンダー+セックスワーカーが殺される国

 

vivanon_sentenceラテンアメリカではトランスジェンダーのセックスワーカーが殺される事件が抜きん出て多い印象があります。

チワワ(Chihuahua)州では、セックスワークに従事するトランスジェンダー女性の権利団体Trans Women’s Union Force of  Chihuahuaの創設者であり、代表でもあったミレヤ・ロドリゲス(Mireya Rodríguez Lemus)さんが数日間行方がわからなくなったのち、9月2日、遺体で発見されました。

発見場所は自宅でしたが、携帯電話のやりとりから足がついて犯人は逮捕されています。

こう言ってはナニですが、メキシコなのに法律はしっかりしていて、ヘイトクライム法があって、性別に基づくヘイトクライムは過重処罰され、この性別には性自認、性指向が含まれるため、今回のケースでは最長で懲役60年になるとのこと。

トランスジェンダーの活動家の殺害は今年2件目です。メキシコ全土ではなく、チワワ州で2件目。

これに対してセックスワーカーたちと支援者によって、公正な判断を司法に要請する行動がありました。どんな立派な法律があっても、セックスワーカーだと、殺したことがはっきりしていても免罪されやすいらしい。なんちゅう裁判。

以下は「ホルナダ」による映像。

 

 

ここにもアナキズム・マークが。次回軽く出てくるように、メキシコのLGBT運動は左翼運動から始まっていて、今もつながりが強いようです。

 

 

またも同じ州で殺された

 

vivanon_sentenceこの行動があったすぐあと、今度は同じチワワ州の別の町で、またもトランスジェンダーのセックスワーカーであったレスリー・ロシャ(Leslie Rocha)さんが殺害されています。

以下は立て続けに殺害されて、セックスワーカーたちは恐怖におののいているという内容。

 

 

2020年9月6日付「REUTERS 

 

 

メキシコには32州ありますから、この何倍も殺されていることになります。

 

 

6年間に473名のLGBTが殺された

 

vivanon_sentenceメキシコのLGBT権利団体Letra Eseが、2013年から2018年までのLGBTの殺害事件を調査した報告書「Informe Crímenes de Odio por Homofobia」を出しており、この6年間に、LGBTであるために殺されたのは473名、年平均79名が殺されています(上の「ホルナダ」の映像には441名と出てましたが、期間の違いだろうと思います)。。

ということになっているのですが、この調査はちょっと注意が必要。「LGBTであるために殺された」のではなく、正確にはたんに「殺されたLGBTの数」です。確実にヘイトクライムが混じっているでしょうけど、「どこまでがそうか」は確定しようがないのです。

 

 

next_vivanon

(残り 1895文字/全文: 3289文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ