【サッカー人気3位】【J1騒乱】[熱論]優勝カウントダウン…

ヴォルティススタジアム

【練習レポート】本当に大切な1試合1試合。

前節・横浜FC戦(0●3)で大敗。横浜FCに先制弾を許したことがすべてだった。寺田紳一のクロス、大久保哲哉の折り返し、津田知宏の抜け出し。「横浜FCのホットライン中のホットライン」(長島裕明監督)。言わばチームとして最も警戒してきた形から失点。さらに、前半終了間際にもセットプレーから追加点を許し、「0-1で折り返せていれば」(濱田武)という望みも断ち切らせた。その結果、後半はシュート0本。状況を打破しようとする攻撃は精度を欠き、組織としてのプレーを形作れなかった。

ここまでの戦いを振り返ると、序盤の立ち上がりで悪くない試合はある。だが、得点に結び付けられずに1つ歯車が狂うと、立て直せずに自分たちでリズムを崩してしまう。今節・清水戦に目を向けると、個の能力はリーグトップクラス。横浜FCのようなホットライン中のホットラインではなく、多様な攻撃パターンがある。「HTや試合が終わってからは、“こうしよう”という声は出ています。難しいかもしれませんが、それを試合中にもう少しできれば」(藤原広太朗)とピッチ上で修正し続けながら、チャンスを窺わなければならない。

(残り 573文字/全文: 1053文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ