【サッカーパック人気3位】 【J2第36節:長崎vs千葉】レビュー~千葉の対策に沈み、長崎が痛い敗…

ヴォルティススタジアム

【徳島vs山形】試合後の選手コメント:渡大生「相手にやらされているような感じもあった」山﨑凌吾「相手よりもまずは自分たちらしさを出せるように」+前川、大﨑玲、岩尾

■2017明治安田生命J2リーグ第30節
8月26日(土)徳島 1-1 山形(19:03KICK OFF/鳴門大塚/4,567人)
得点者:20’渡大生(徳島)71’阪野豊史(山形)
———–

○渡大生選手
点を取ることはできましたが、僕の中では前半からやり切れていない感じがずっとありました。前半こそボールは回りましたが、何か相手にやらされているような感じもありましたし、後半はそんな雰囲気の中で失点もしてしまいました。チームとしてシュートで終わる形がなかなか無かったのは、相手に合せすぎたところがあったと思います。試合後半は球際とか切り替えの基本的な部分で相手に負けていたし、非常にもったいなく悔しいゲームでした。

(残り 968文字/全文: 1276文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック