『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

ヴォルティススタジアム

【徳島vs群馬】リカルド ロドリゲス監督記者会見コメント「今日の勝点3は、また勢いを取り戻して順位を上げていくために必要なものだった」

■2017明治安田生命J2リーグ第36節
10月7日(土)徳島 4-1 群馬(14:03KICK OFF/鳴門大塚/3,860人)
得点者:2′ 山﨑凌吾(徳島)20′ 岡田翔平(群馬)22′ 山﨑凌吾(徳島)25′ 渡大生(徳島)90+5′ 大﨑淳矢(徳島)
———–


○リカルド ロドリゲス監督:
今日の試合は立ち上がりが良かったと思います。ゴール前に迫り、多くのチャンスを作りました。先制した後で一旦は追い付かれましたが、すぐにリアクションして2点目を奪いました。リードしてから少し相手に支配される時間があり苦戦しましたが、前半のうちに3点目を取れたのは良かったです。後半は4点目を目指して戦いました。なかなか最後の所を決めることができませんでしたが、ゴールへ迫る良い場面は作れました。
ただ、全体的に見ると、内容が良くても勝てなかったここのところの数試合に比べると、今日はそこまで良いパフォーマンスではなかったのですがしっかりと勝つことはできました。今日の勝点3は、また勢いを取り戻して順位を上げていくために必要なものであったと思います。

(残り 354文字/全文: 819文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ