今夏のJリーグ移籍市場の深層をベテラン代理人が明かす(J論)

ヴォルティススタジアム

【水戸vs徳島】試合後の選手コメント:山﨑凌吾「やっと入ったので、ここからノッていきたい」石井秀典「サッカーの本質的な部分で最後まで集中してできたことが大きかった」+梶川、小西、大屋

■2018明治安田生命J2リーグ第13節
5月6日(日)水戸 0-1 徳島(14:03KICK OFF/Ksスタ/3,605人)
得点者:51’山﨑凌吾(徳島)
———–

○山﨑凌吾選手
「やっと入ったので、ここからノッていきたいと思います。
(あの瞬間のゴールのシーンについて)ここ数試合クロスの場面で合っていたけど入らないシーンが続いていていました。(クロスへの)入り方など継続していたことがうまくできて、それが得点につながったと思います。ボールが入ってくると思ったので、相手より前に入ろうと思いました。
連戦の最後で結果が欲しい中で勝てて良かったです。内容としては全然まだまだなので、しっかり1週間で修正してチームとしていいサッカーができるように、頑張りたいと思います」


○石井秀典選手
「やりたいサッカーとは違いますが、みんなが最後まで集中して走って、サッカーの本質的な部分でしっかり最後まで集中してできたことが大きかったです。

(残り 1259文字/全文: 1672文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック