ヴォルティススタジアム

【京都vs徳島】リカルドロドリゲス監督記者会見コメント「まだ勝点18(取れる可能性が)残っているので、まずは甲府戦に勝つこと」

■2018明治安田生命J2リーグ第37節
10月13日(土)京都 0-1 徳島(17:03KICK OFF/西京極/5,930人)
得点者:3’田中マルクス闘莉王(京都)
———–

○リカルドロドリゲス監督
「試合開始直後にセットプレーで失点してしまい、それで相手のやりたいことがよりアドバンテージを持ってできるようになってしまいました。彼らに対してボールを保持して主導権を握ることはできましたが、最後のゴールのところで今日はゴールを取れなかったことに尽きます。やり方や選手を替えたりあらゆる方法でゴールを目指しましたが、最後までゴールを割ることができませんでした」

(残り 802文字/全文: 1084文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ