湯麺戸塚にいく(海江田哲朗)【J論】

ヴォルティススタジアム

【岡山vs徳島】試合後の選手コメント:内田航平「時間帯を考えて、今はつなぐのかつながないのかを、もう少しみんなシビアに考えた方がいいのかなと思う」押谷祐樹「決める力をもっとつけていかなきゃいけない」+福岡、渡井、狩野

■2019明治安田生命J2リーグ第9節
4月20日(土)岡山 2-1 徳島(19:03KICK OFF/Cスタ/7,720人)
得点者:7’清武功暉(徳島)45+2’イヨンジェ(岡山)75’仲間隼斗(岡山)
———–

○内田航平選手
「やっぱり前半が終わる時間帯での失点はすごく重くて、一番精神的にくるので、そういう失点は無くしていきたいです。
(過去も含めて岡山に同じような負け方をしているが?)やっぱり時間帯を考えて、今はつなぐのかつながないのかを、もう少しみんなシビアに考えた方がいいのかなと思います。いい時はボールをずっと持てますけど、全員が一つのプレーで流れが変わるということをもう少し考えてもらえるといいのかなと思います。サッカーなのでもちろんミスはありますけど、やっぱり失い方が悪いと後ろとしては厳しい場面があるので。つなぐサッカーをすると必ずリスクはあるので難しいですけど、リスクのことも考えながらできると(ミスが起きた時の)対応も早いのかなと思います」

(残り 1185文字/全文: 1618文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック