『サッカーがすごく楽しい』細貝萌がタイでプレーして気づいたこととは(J論)

ヴォルティススタジアム

【徳島vs山形】試合後の選手コメント:佐藤晃大「僕たちに圧倒的な個の力はないので、チーム一丸となって戦わないと勝点を積み上げていけません。そういった姿勢は見せられたと思います」+内田裕斗、小西雄大、野村直輝、鈴木大誠

■2019明治安田生命J2リーグ第14節
5月19日(日)徳島 1-1 山形(14:03KICK OFF/鳴門大塚/5,207人)
得点者:9’内田裕斗(徳島)80’ジェフェルソン バイアーノ(山形)
———–

○佐藤晃大選手
今日は風もありましたし、多少ラフなボールが来てもしっかり収めて、味方を活かすようなプレーをしようと心掛けました。その部分は少しですが貢献できたかもしれません。あとは自分の得点です。今日はシュートが打てなかったので、そういうところは改善していきたいです。チームとしては足元、そして前から来たら裏返すようなロングボールのバランスが良かったです。流れの中で臨機応変にやれていました。
今日は全員が気持ちを出してプレーできていたと思います。同点に追い付かれた後も数的不利な状況にもかかわらず踏ん張り、逆にチャンスも作りました。僕たちに圧倒的な個の力はないので、チーム一丸となって戦わないと勝点を積み上げていけません。そういった姿勢は見せられたと思います。

(残り 1522文字/全文: 1956文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック