監督・永井秀樹は稀代のロマンチストかリアリスティックな戦術家か(J論)

ヴォルティススタジアム

【直前レポート】バタフライ・エフェクト。

前節・山形戦(1●3)は先制しながらも退場者を出し、数的不利に陥り為す術なく逆転負け。柏戦(1●2)の敗戦を前々節・町田戦(3○0)でリカバーして臨んだ上位・山形との対戦だっただけに、その結果が意味するものは重い。だが、「いまチームの力が試されている」(小西雄大)と言葉に力を込める。「戦うことをやめるのは簡単。だが、この苦しい連戦で、より(力強く)戦うことができればJ1に上がれる」(小西)と奮起している。

(残り 2529文字/全文: 2733文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック