【サッカー人気5位】サガン鳥栖に完敗。そこにエクスキューズ…

ヴォルティススタジアム

【徳島vs鹿児島】リカルドロドリゲス監督「大事なことは、どのスペースを使って攻撃するのかということ」

■2019明治安田生命J2リーグ第25節
7月31日(水)徳島 5-2 鹿児島(19:03KICK OFF/鳴門大塚/4,049人)
得点者:7’五領淳樹(鹿児島)42’河田篤秀(徳島)45+3’岩尾憲(徳島)56’ニウド(鹿児島)72’野村直輝(徳島)78’河田篤秀(徳島)90+5’押谷祐樹(徳島)
————-

○リカルドロドリゲス監督
今日は難しい試合になったという印象があります。早い時間に失点しましたし、その後は相手のゴール前までなかなか迫れない時間がありました。ただし、河田選手が重要な同点ゴールを決め、続いて岩尾選手が勝ち越しゴールを決めたことで、良い流れを持ってハーフタイムを迎えることができました。後半はPKで同点にされましたが、選手たちが力を発揮したことでチームは勢いを失うことなく、結果的に5得点することができました。
鹿児島の攻撃は、特にゴール前でのクオリティが高く、我々はもっと失点する可能性もありました。その点からも難しいゲームだったと言えます。

(残り 561文字/全文: 997文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック