【サッカー人気3位】マリノスに突き付けられている“現実”。…

ヴォルティススタジアム

【徳島vs山口】試合後の選手コメント:垣田裕暉「愛媛戦は教訓にしているので、最後まで集中して失点することなく戦えたことは良かった」岩尾憲「あれは僕の得点ではなく、真剣にトレーニングに取り組んでくれている仲間たちの得点だと思います」鈴木徳真「垣田選手へのアシストは練習通りでした」

■明治安田生命J2リーグ 第5節
7月15日(水)徳島 4-0 山口(19:03KICK OFF/鳴門大塚/1,513人)
得点者:21’垣田裕暉(徳島)24’岩尾憲(徳島)84’垣田裕暉(徳島)90+3’河田篤秀(徳島)
————-
○垣田裕暉選手
Q:90分間休まずプレッシング掛け続けていましたね。
「チームとして前から行くようにやっていますし、FWが行けば後ろが付いて来てくれると思うので、常に意識を持ってプレーしていました。そして僕だけでなく、ピッチにいた全員が意識を高く持ってプレーできていたと思いますし、2点をリードしましたが愛媛戦は教訓にしているので、最後まで集中して失点することなく戦えたことは良かったと思います」

(残り 2133文字/全文: 2447文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック