【サッカー人気3位】ハイライン! 大嶽直人監督による「シー…

ヴォルティススタジアム

【徳島vs愛媛】リカルド ロドリゲス監督記者会見コメント「ダービー、そしてフラッグの意味するところは理解していたので、今回奪還出来てとても嬉しく思います」

■明治安田生命J2リーグ 第24節
10月3日(土)徳島 2-0 愛媛(14:05KICK OFF/鳴門大塚/3,541人)
得点者:39’垣田裕暉(徳島)57’オウンゴール(徳島)
———-
○リカルドロドリゲス監督
「今日、選手たちはとても良い内容の試合をしてくれたと思います。何度も相手ゴールに迫り、チャンスも数多く作っていました。結果的には2-0でしたが、もっと点が入ってもおかしくないような素晴らしい展開だったと思います。また、守備面でも相手にほとんどチャンスを与えませんでしたし、90分通して良い守備が出来ていたと思います。終了間際は相手に押し込まれる時間帯になりましたが、試合を通して前からプレッシングに行けて、そして高い位置から守備が出来ていたと思います。
無失点で終われたことや複数得点をとれたことは、今後に向けてとてもポジティブな結果だと思います」

Q:今日はサポーターが待ちに待っていた勝利だと思います。メッセージをお願いします。
「ダービー、そしてフラッグの意味するところは理解していたので、今回奪還出来てとても嬉しく思います。あのフラッグを取れたということは、我々が勝利に値する試合をしたということですし、応援してくれている人たちのためにも取り返せたということは良かったことだと思います。
前半戦、再開直後の試合(アウェイ愛媛戦)を皆さん覚えていると思いますが、その試合のイメージを払拭出来るような試合だったと思います。あの時と比べて改善された点が、今日の試合では見ることが出来ました。それらは皆さんのサポートがあったからですし、ここまで勝点を積み上げられていることもそうです。これからもこれまで通り、温かくサポートしてくれることをお願いしたいです」

(残り 671文字/全文: 1402文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック