見えてきた?今年のJ2勢力地図(J論)

ヴォルティススタジアム

【徳島vs町田】試合後の選手コメント:岸本武流「小西選手が良いボールを上げてくれて、僕は合わせるだけでした」西谷和希「ゴール方向へ思い切り振り抜いたら良いコースに飛んでくれた」+浜下、小西、上福元

■明治安田生命J2リーグ 第36節
11月25日(水)徳島 3-0 町田(19:03KICK OFF/鳴門大塚/2,349人)
得点者:54’岸本武流(徳島)58’西谷和希(徳島)90+1’河田篤秀(徳島)
———-
○岸本武流選手
「なかなか得点出来ていなかったので、感覚を忘れかけていました。あの場面、小西選手が良いボールを上げてくれて、僕は合わせるだけでした。岩尾選手や藤田選手もキッカーとして素晴らしいのですが、今週は小西選手のキックで準備してきました。その成果が出たことは良かったと思っています」

Q:前半の45分、相手の守備はとても集中していて形を作れませんでした。焦りなどはありませんでしたか?
「焦りはなかったです。自分たちでボールを持つ時間は長かったので、いつものように崩していこうという意思統一はありました」

○西谷和希選手

Q:素晴らしいミドルシュートでしたが、狙い通りだったのですか?
「狙い通りというか、ゴール方向へ思い切り振り抜いたら良いコースに飛んでくれたという感じです」

(残り 2237文字/全文: 2680文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック