【サッカー人気2位】Jリーグを追い続けてきたジャーナリスト…

ヴォルティススタジアム

【徳島vs高知U】試合後の選手コメント:バトッキオ「(2点目は)小西選手の動きが見えていたので、彼に合わせようと思っていました」垣田裕暉「共通理解の下でプレーできる時間が増えてきている」小西雄大「良い点と悪い点がそれぞれ見えて、意味のある試合だった」

■天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会
6月9日(水)徳島 2-1 高知U(19:00KICK OFF/鳴門大塚/1,395人)
得点者:4’岩尾憲(徳島)45+1’オウンゴール(徳島)52’下堂竜聖(高知U)
———–
〇バトッキオ選手
Q:来日してから時間も経過し、コンディションも上がってきた印象があります。ご自身ではどのように感じていますか?

「来日直後は試合感覚が全くありませんでした。フィジカルと同様に、試合でのリズムを掴むのが難しかったのですが、日を追うごとにチームへ適応できているのでコンディションは上がってきています。と同時に、チームメイトとも信頼関係で結ばれてきているので、良い方向へ進んでいると思っています」

(残り 1557文字/全文: 1875文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ