【サッカー人気1位】降格を受け止めたら『クラシコ』を観てほ…

ヴォルティススタジアム

【徳島vs鳥栖】試合後の選手コメント:浜下瑛「『持たせている』という共通認識のもと落ち着いてプレーできた」石井秀典「全員が我慢強く守れた」ジエゴ「全員の努力でこの流れを継続していきます」

■明治安田生命J1リーグ 第31節
10月3日(日)徳島 3-0 鳥栖(14:03KICK OFF/鳴門大塚/5,645人)
得点者:15’垣田裕暉(徳島)41’垣田裕暉(徳島)60’ムシャガバケンガ(徳島)
———–
○浜下瑛選手
自分たちで主導権を握って進めた試合ではなかったのですが、ピッチ内では「持たせている」という共通認識のもと落ち着いてプレーできました。しっかりと走って対応し、カウンターで効率よく得点できたことも良かったと思います。

(残り 1177文字/全文: 1398文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ