【サッカー人気5位】【J激論】天皇杯で”惨敗”相次ぐ。風雲…

ヴォルティススタジアム

【徳島vs名古屋】試合後の選手コメント:エウシーニョ「いいプレーは何回かありましたが試合勘はまだまだ足りない」玄理吾「質の部分はもっとこだわっていきたい」川上エドオジョン智慧「勝ちたいと意気込んで試合に臨みました」

■YBCルヴァンカップ グループステージ第6節
5月18日(水)徳島 0-2 名古屋(19:03KICK OFF/鳴門大塚/2,296人)
得点者:10’吉田温紀(名古屋)45+1’阿部浩之(名古屋)
———–
○エウシーニョ選手
Q:初出場となりましたが手応えはいかがでしたか?
「試合前からビッグクラブとの対戦で難しい試合になることはわかっていました。早い時間帯で失点してしまったことが大きかったと思います。先制点を許してしまい、前半の終了間際にも失点してしまい難しくなってしまいました。後半は気持ちを切り替えて少しずつ自分たちのリズムでサッカーができたのですが、結果につながらずすごく悔しい試合でした」

Q:ご自身のプレーの評価について。
「練習はみんなと普通にできていますが、試合勘はまだまだです。いいプレーは何回かありましたが試合勘はまだまだ足りませんので、これから取り戻していきたいと思います」

Q:試合に駆けつけてくれたサポーターの皆さんへ。
「すごく情熱的なサポートしていただきありがたかったです。週末のリーグ戦に向けて幸せの時間を届けられるように頑張ります」

(残り 1052文字/全文: 1533文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ