ヴォルティススタジアム

【徳島vs栃木】試合後の選手コメント:一美和成「得意なプレーをもっと出して、チームに貢献しなければいけない」西谷和希「最後の仕留める部分は精度を上げる努力をするしかない」+玄理吾

■明治安田生命J2リーグ 第17節
5月21日(土)徳島 0-1 栃木(14:04KICK OFF/鳴門大塚/4,520人)
得点者: 65’矢野貴章(栃木)
———-
○一美和成選手
今日はシャドーポジションとして、且つ藤尾選手に近いポジションでのプレーでした。前半は藤尾選手が落として自分が起点になるというようなプレーが何度かありました。距離的には悪くなかったと思うので、コンビネーションを増やせばゴール前でも互いの持ち味を出せると思います。足りなかったのはシュートを打てるところまで行けなかったということです。

Q:一美選手があの位置で受けることで、周りの選手もプレーしやすそうでしたね。
そうであるなら良かったです。収めるのは自分も得意なプレーなので、得意なプレーをもっと出して、チームに貢献しなければいけないと思っています。またチームの課題は得点なので、もっと得点に絡めるように前へ入って行く範囲を広げていきたいです。

Q:怪我明けでの復帰ですが、コンディションはどの程度回復していますか?

そうですね、フルで戦えと言われると、正直まだちょっとどうなのかなって思います。まだまだコンディションを上げていかなければいけない部分がありますが、試合に出ることで自然に上がってくると思います。今日よりも次、もっと良い状態で臨みたいと思います。

(残り 1151文字/全文: 1715文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ