『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催〈〆切間近〉

後藤勝公式マガジン トーキョーワッショイ!プレミアム

「バランスを崩してでも前に行く」徳永悠平、味スタ最後の戦いに怒涛のシュート宣言

V・ファーレン長崎への移籍のために、今シーズン最終戦かぎりで青赤のユニフォームを脱ぐ徳永悠平。前節vs.サンフレッチェ広島戦の出場を回避してコンディションも整い、東京の選手として迎える味スタ最後の試合に向けて気持ちを高めている。なんとゴール宣言、シュート撃つ宣言が飛び出した。
「気持ちの入ったプレーをしたい」という徳永に「東京のファンは対人の守備がむちゃくちゃ強いという印象を持っていると思うんですけれども、ここを見てほしいと思うものはありますか」と訊ねたときのことだ。

「そうですね、ポジション的にはまずしっかり守備をする。相手の攻撃陣を抑えることをしっかりやって、チャンスがあれば前に行って。ゴールを獲れればいいですけど、積極的にシュートを撃てるようなポジションまで行ければと思います」

今シーズンの徳永は室屋成と右サイドバックのポジションを競っていたが、3バックに移行後は右ストッパーに定着した。上下動は室屋に任せ、右サイドの守備に比重を割くかまえだったが、そのイメージを覆す発言だ。言われてみれば前々節のvs.サガン鳥栖戦でも徳永は右サイドを駆け上がり攻撃に参加していた。勝ちたい気持ちが抑えきれなくなってきているのかもしれない。

「天皇杯を獲った大熊東京のときなどに、そういうシーンを観た気がするのですが、ああいうシュートをバンバン撃つ攻撃的なところを見せたいのですか?」
こう問うと、徳永は肯定的な答えを返してきた。

(残り 970文字/全文: 1580文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ