【サッカー人気3位】【vs.松本山雅FC】終了後、田中恵太…

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

東京、スコアレスドローで連敗ストップ。富樫敬真は自身へのチャントに「あれ以上にありがたいものはない」と感謝【J1第24節第1報】

 8月26日、FC東京はShonan BMW スタジアム平塚でJ1第24節に臨み、湘南ベルマーレと0-0で引き分けた。
 昨日のトレーニングで腿を痛めたチャン ヒョンスは大事をとって遠征を回避。丹羽大輝が森重真人とのセンターバックコンビで先発し、昨日のJ3第20節でフル出場した山田将之がベンチに入った。
 橋本拳人の復帰が早くても次節という状況で、ボランチは髙萩洋次郎と米本拓司のコンビを維持。前線は東慶悟をトップ下に置く1トップとし、リンスと大森晃太郎を両サイドハーフに、東京は4-2-3-1で試合に臨んだ。
 湘南は前半45分間を4バック、後半45分間を3バックと使い分けたが大勢に影響はなく、試合全体を通して個の力で上回る東京が押し気味に攻めつづけた。
 特筆するべきはライン設定で、湘南の最終ラインから東京の最終ラインまでが、映像で言えば一画面に一望できるコンパクトさに収まり、東京は全体を圧縮することで前方向の攻撃意欲と圧力を維持した。急遽、出場した丹羽も、ここまでの酷評を覆すラインコントロールと跳ね返しで強気の守備を実現。無失点に貢献した。
 後半32分には、リンスに替わり富樫敬真が登場。サイドハーフとしてプレーした。天皇杯でのPK失敗後に巻き起こったバッシングへの反作用でケイマンのぼりが林立したアウエー側ゴール裏は、

(残り 687文字/全文: 1242文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック