【サッカー人気1位】【Jふぉっち】中断期間が”プチ移籍市場…

後藤勝責任編集「トーキョーワッショイ!プレミアム」

長谷川健太監督はドウグラス復帰による好影響を警戒。髙萩洋次郎「がまん強く戦って1点獲る」【J1第6節プレビュー】

 

今シーズンの堅調に手応えを感じている髙萩洋次郎。


◆通算100試合を迎える橋本拳人
 
 本日4月6日に開催される第6節vs.清水エスパルス戦でのJ1通算100試合出場達成が確実な橋本拳人は「もっともっとこれから積み上げ、200、300とめざしたい」と、意欲をあらわにした。ロアッソ熊本に期限付き移籍をしていた頃に比べると、いろいろなポジションを経験してプレーの幅が拡がり、自信を増したくましくなった。データ上でもボール奪取回数、運動量、ビルドアップへの関与が多いことはあきらかで、まさに中核となっている。清水戦でもその働きぶりは変わらないだろう.
 
◆清水の守備が立ち直る?
 
 併せて永井謙佑の通算50ゴールも達成して勝利を収め、これらの記録を祝いたいところだが、長谷川健太監督は

(残り 1758文字/全文: 2184文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック