【サッカー人気4位】【J2箱推し宣言!】元悦放談:魔境J2…

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

高くそびえる川崎山脈。止められない三笘とダミアン。そう言う長谷川健太監督は秘策ありげな表情を浮かべていた【「FC東京vs.川崎フロンターレ」第37回多摩川クラシコ前日】

 

©F.C.TOKYO


 森重真人の起用法とフォーメーションについて長谷川健太監督が口を割ることは、もちろんなかった。その謎の範囲が広ければ広いほど、川崎対策の幅も広くなる。
 4-1-2-3なのか、4-2-3-1なのか、4-4-2なのか、それともこれらをアダイウトンを左ウイングバックに置く3バックと切り替えて使うのか。
 森重が最終ラインに入るのか、中盤に入るのか。このスムーズな運用が出来るか否かが、FC東京がたくましく戦えるかどうかのカギを握っているのではないか。
 

アダイウトンの起用法は。©F.C.TOKYO


 波乱の予感が漂うのは、長谷川監督の洒脱な語り口のせいかもしれない。嘘はつかないが、何かを言っていない。そして表現が情感に富んでいる。

(残り 2313文字/全文: 2782文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ