J2総括と2022シーズンを早速展望するLIVE(J論)

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

野澤大志ブランドン、ビッグセーブは自身の予想を超えたものだった。「なんか、手に当たりました(笑)」【ルヴァンカップグループステージ最終節「FC東京vs.大分トリニータ」】

 
 後半5分、FC東京陣内で中村拓海からアルトゥール シルバを経由して品田愛斗へと渡るはずのパスが成功せず大分トリニータのボールとなり、一気に攻め込まれた。スクリーンとなって遮るディフェンダーは誰もいない。大分の渡邉新太が、狙いすましたシュート。2失点目を喫するかと思われた瞬間、野澤大志ブランドンが右手一本で弾いた。

(残り 1428文字/全文: 1590文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ