【サッカー人気4位】ラスト11戦を10勝1分で駆け抜けた2…

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

バングーナガンデ佳史扶、大ブレイクの理由。「健太さんに『どんどんチャレンジしろ』と言われて……」「守備の意識が染みついてよりガンガン行ける」

 

7月14日の練習から(撮影後藤)

7月15日の練習。©F.C.TOKYO

 連戦の中日だった徳島ヴォルティス戦は途中出場だったが、それ以外はすべて先発。左サイドバックとしてリーグ戦の4連勝すべてに関わったバングーナガンデ佳史扶は「チームがいい流れでその試合に自分が出られていること、自分が出たことによってチームに貢献出来ていることがいちばんうれしい」と、充実の表情で7月15日練習後の取材に応じた。

◆諒也くんをずっと基準にして

 言うまでもなく4連勝の一因。ブラジルトリオとの連携で左寄りの攻撃をかたちづくり起爆剤となっている佳史扶は個人としても好調だが、これまでと何が変わったのだろうか。

「健太さんに『どんどんチャレンジしろ』と言われて、ルヴァンのプライムステージの湘南戦でどんどんチャレンジして、それをアダ(イウトン)さんや森重さんが自分のやりやすいようにサポートしてくれて、そのおかげというのがいちばん。

(残り 2125文字/全文: 2671文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ