【サッカー人気3位】【J2箱推し宣言!】元代表の高度な対決…

Dio-maga(ディオマガ)

栗山直樹「試合をやっていて全体的にゼロに抑えられる手応えはあった」【山形vs京都】試合後の選手コメント

■2017明治安田生命J2リーグ第9節
4月15日(日)山形 1-0 京都(13:03KICK OFF/NDスタ/4,911人)
得点者:90’+3中山仁斗(山形)
———–
○栗山直樹選手
Q:完封した守備の手応えを教えてください。
「監督からも試合前から、『うちはいい守備からいい攻撃をする』ということを言われていて、今節も守備から入っていこうと心がけていて、前半少し押し込む展開になりましたけど、そこで何回か少し危ない場面もあったのでそこは反省したいですけど、試合をやっていて全体的にゼロに抑えられる手応えはあったと思います」

(残り 1746文字/全文: 2010文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ