【サッカーパック人気3位】 1日1回読むだけで身につくサッカーの見方の基礎知識【会員限定】ビルドア…

Dio-maga(ディオマガ)

【山形vs岐阜】木山隆之監督記者会見コメント「全体的にはある程度狙った通りに試合を進められた」

■2019明治安田生命J2リーグ第36節
10月14日(月)山形 2-0 岐阜(14:03KICK OFF/NDスタ/5,415人)
得点者:9’柳貴博(山形)84’井出遥也(山形)
———–
○木山隆之監督
「お疲れ様でした。まずは、台風で1日延期になりましたけど、日本中でたくさん被害に遭われている方がおられると思いますので、お見舞い申し上げます。その中でも、対戦相手の岐阜さん、いろいろな関係者の方々の尽力で今日無事に試合ができたので、感謝申し上げたいと思います。

試合に関しては、立ち上がりに少し難しい試合になるという覚悟をしながら入りました。ただ、流れの中で1点目取れたのは大きかったと思います。その後少し、ボールは持って攻撃はするけど、最後のところでゴールを割ることができずに、2点目を早く取りたいという思いがありながらも前半は1−0のまま終わりました。当然、後半相手も出てくるという思いを持ちながらやっていましたが、2点目が取れればというゲームだったと思います。PKも一つあって、他にも何回かチャンスはありましたが、井出がしっかり決めてくれてよかったかなと思います。彼も前節初めて山形でのゴールをして、少し肩の力が抜けたのかなと。その中でいいプレーをしてくれて、よかったかなと思っています。全体的にはある程度狙った通りに試合を進められたので、また次に向けてしっかり準備をしていきたいと思います」

(残り 678文字/全文: 1280文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック