優勝候補は見えたか?J1上位5クラブの実力を査定する(J論)

Dio-maga(ディオマガ)

山岸祐也「ヤマ君に感謝しなければいけない」中村駿「チームとして狙いを持ちながらプレーできた」【大宮vs山形】試合後の選手コメント

■J1参入プレーオフ1回戦
12月1日(日)大宮 0-2 山形(13:08KICK OFF/NACK/10,942人)
得点者:73’オウンゴール(山形)82’山岸祐也(山形)
———–
○山岸祐也選手
Q:非常に大きな2点目でした。どういう指示を受けてどういう気持ちでピッチに立ちましたか?
「今週の半ばくらいに木山さんと話をして、今週はサブで試合の流れを変えて欲しいと言われて途中から試合に入ったんですが、0-0だったので、それだと自分たちは上がれないから、リズムを変えたいなと思って入って。1点目入って2点目はいい形でヤマ君が折り返してくれて取れたので良かったです」

Q:右からサイドチェンジがあって山田選手が折り返しでしたが、練習通りの形でしたか?
「山形は1年間ワイドを置いて、振ってそこに入っていくことを練習からやっているし、練習でやっていたことが上手くハマりました。ただ、一回マイナスに入ってから動き直したので、来るかなと思っていたら来たので、ヤマ君に感謝しなければいけないと思います」

(残り 969文字/全文: 1415文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック