【サッカー人気5位】仙蹴塵記×KAWAJIうぉっちベガルタ…

Dio-maga(ディオマガ)

【Dio-maga練習場フォト大賞】2位「モンテユースが東北プリンスリーグ準優勝」


年末恒例となりましたDio-magaのオフ企画!
Dio-magaで毎日投稿された練習場フォト写真の中から、最もページビュー数が多かった写真をランキング形式で発表。モンテディオ山形の練習を撮影し続けた写真部長嶋守生が、撮影時のエピソードなどを交えながらコメントします。
年末には、写真部長自らが選ぶ超個人的な練習場フォト大賞や各賞も発表する予定です。

年末にかけて10位から1位まで毎日更新。今年のモンテディオ山形を写真で振り返りましょう!!

【ランキングについて】
集計期間は2018年12月2日から2019年12月1日まで。練習場フォト内の純粋なページビュー数を集計してランキング形式で発表します。

【練習場フォト大賞と各賞について】
ページビュー数や周囲の評価・流行などは全て度外視した、写真部長嶋守生個人が独断で選ぶ賞です。賞品はありませんが1年間の感謝の気持ちを込めて讃えます。ランキングの発表が終わったあと、年末に発表予定です。

2位【練習場フォト】モンテユースが東北プリンスリーグ準優勝

(10月9日掲載)

東北プリンスリーグを戦うモンテディオ山形ユースは、10月8日のリーグ最終節で、尚志高校セカンドに2-0で勝利。13勝1分4敗でクラブ最高順位となる準優勝となり、12月13日から広島で行われるプレミアリーグ2019プレーオフへの出場権を獲得した。
優勝した青森山田セカンドとの勝点差は3で、夏場に落とした勝ち星が響いて惜しくも優勝を逃す結果となったが、「今までのチームよりも選手に自信があるから、ボールを持って相手の状況を見て気負うことなくプレーできる。したたかに戦えた」(今井雅隆監督)というチーム力を武器にしながら戦えたシーズンだった。

リーグ得点王は12得点の庄司夢ノ介が獲得。「前半戦はあまり点が取れなかったけど、夏のクラブユース選手権から感覚が掴めて自信もついてきた」とシーズンを振り返っていた。

今週末の10月12日(土)11:00からは2019Jユースカップ1回戦アスルクラロ沼津戦がNDソフトスタジアム山形で開催される。近年2回戦で敗退が続いているモンテディオ山形ユースにとっては難しい大会となっているが、今年は12月のプレーオフまで同じチームで活動することが決まっている。
プレーオフに弾みをつけるためにも健闘を期待したい。

【写真部長からのコメント】

モンテディオ山形ユースの活躍が4位に続いて2度目のランクイン。しかも2位という堂々たる結果で、ページビュー数も1位とほぼ変わらない数字となっています。
モンテユースの頑張りで結果を残したことや、近年、大友竜輔選手や半田陸選手などユースからトップに上がる選手が増えて注目されていたこと。そしてモンテディオ山形アカデミーの重要性が少しずつ浸透していることの現れだと思います。

(残り 913文字/全文: 2077文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック